Google アドワーズ クーポン利用方法について Vol.2

2012年12月3日 Google アドワーズ クーポン利用方法について Vol.2


今回は、実際の登録作業についてです。前編で書きましたが、5つの決定事項をもとに登録して行きます。
5分でできると言うことになっていますので作業時間は、5分以内を目指します。


とっ・・・ ※印があり「入力内容等によっては5分で終了できない場合がございます。」となってました。
そして、結果から言いますとかなり時間がかかりました。いろいろと試行錯誤したので半日くらいほど・・・。


それでは、気を取り直して以下のメール文の「今すぐ開始」ボタンを押して作業開始です。


AdWords利用開始


AdWordsのログイン画面が表示されました。アナリティクスのIDでログインします。


AdWordsログイン


すでにアナリティクスでアカウントが作成されているのでタイムゾーンと通貨の設定を行います。


タイムゾーンと通貨の設定


これでまず、AdWordsのアカウントが作成されました。この辺は迷わずに進めます。


AdWordsのアカウント作成完了


次にキャンペーンを作成します。ここからがちょっと厄介です。いろいろ決め事もありますし。迷いました。
とりあえず「最初のキャンペーンを作成」ボタンを押します。


最初のキャンペーン作成


キャンペーン設定を選択するのタブが表示されます。


キャンペーン設定を選択する


○キャンペーン設定を選択するのタブについて設定内容を記載します。
 [全般]
  ・キャンペーン名を設定します。「創立30周年キャンペーン」としました。
  ・タイプは標準を選択しました。
 [ネットワーク]
  ・すべて選択しました。
 [デバイス]
  ・すべて選択しました。
 [地域]
  ・東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を選択しました。
 [単価設定と予算]
  ・単価設定オプションはクリック重視、自動入札、クリック単価の上限なしを選択
  ・予算を2,000円/日としました。
 [広告設定オプション]
  ・電話番号を選択しました。


⇒「保存して次へ」ボタンを押します。


○広告グループを作成するのタグについて設定内容を記載します。
 [広告グループ名]
  ・広告グループ名を設定します。「広告グループ#1」としました。
 [広告の作成]
  ・広告タイトル、広告テキスト1、広告テキスト2を設定します。
   いずれも文字数の制限がありますので範囲内の設定となります。
  ・表示用のURLとリンク先のURLを設定します。
   この2つは整合性のチェックをうけるのでリダイレクトを設定している場合は要注意です。
   弊社ではリダイレクトしていたため不承認を何度かもらいました。
 [キーワード]
  ・キーワードを設定します。
   上記で作成した広告に沿ったキーワードとします


⇒「保存してお支払情報の設定へ進む」ボタンを押します。


○料金のタグについて 設定内容を記載します。
 [請求先の国または地域を設定してください]
  ・日本を設定します。


⇒「次へ進む」ボタンを押します。


 [プロフィール]
  ・郵便番号、住所、会社名、担当者名、電話番号を設定します。
 [設定]
  ・お支払タイプは「手動支払い」を選択します。
  ・お支払方法はコンビニを設定します。
 [利用規約]
  ・同意にチェックして、「送信してアカウントを開始する」ボタンを押します。


○料金のタグをクリックすると以下の画面になります。


新しいお支払い方法を追加


 [新しいお支払方法を追加]
  ・お支払方法はコンビニを設定します。
 [お支払額を指定]
  ・金額2,500円を入力して、「お支払い額を確認」ボタンを押します。


お支払いを確認する


表示された上記確認画面で「支払い方法」ボタンを押します。


お支払い方法


表示された上記確認画面で「お支払いの確認」ボタンを押します。
すると以下の画面が表示され決済代行会社へ移動します。


決済代行会社へ移動


    ・コンビニ(KIOSK)欄の「現金のみ」ボタンを押します。


11桁のお客様コードと4桁の確認コードが表示されますので控えます。


その情報を元にコンビニで支払を済ませ、再度ログインをすれば下記のようにクレジット残高に入金額が反映します。
また、キャンペーンタブのステータスが「アクティブ」になり広告タブのステータスが「承認済み」になります。


トランザクション履歴


これでGoogle検索で広告が表示されました。


次回は、公開された公告に対する料金残高の推移をご紹介します。