すぐにわかる販売管理システム Vol.1

第1回 すぐにわかる販売管理システム


すぐわかるシリーズの第三弾として販売管理を取り上げます。
販売管理とは、商品やサービスの販売に関する情報を管理することで、販売管理の一連の流れ、つまり、注文を受ける「受注」から、商品の「入出荷」、「納品」、さらには、代金の「回収」までの業務や情報を管理することです。


このように販売管理では、多くの事柄を管理する必要があり、システム的に考えてもいくつものサブシステムがまとまったものが販売管理としてパッケージ化されています。しかも実際の販売管理は各企業の業種や規模によって微妙に異なるのです。
ここでは、一般的な小売・卸売業の販売管理のポイントをまとめることにします。
一般的な販売管理システムのご理解にお役立てください。

販売管理システムとは?  ?仕入て売って出荷して・・・


先ほども書きましたが、販売管理システムはいくつものサブシステムがまとまったものです。
第二弾で取り上げた生産管理も製造業の企業では販売管理の一部となります。
というわけでまずはそのサブシステムの機能が販売管理システムのなかでどのような関連を持っているかを図に表して
見てみましょう。


販売管理システム


上記図のように大きく分けると「売上管理」「仕入管理」「在庫管理」「債権管理」「債務管理」という5つのサブシステムがまとまったものであることがわかります。
それでは各々の関連について説明していきます。

売上管理について  ?見積もり、受注、売上・・・


・顧客から注文をもらう前段として顧客より見積もりの依頼があります。まずは商品の内容と値段の交渉です。


・顧客は他の会社と相みつをとったりしているはずです。こちらでは商品をいくらで買っていただくか見積もりを作成します。


・その見積もった商品情報と値段を入力するのが見積入力です。入力した情報から見積書を出力し顧客に提出するのです。


・提出した見積もりでめでたく受注ができた場合、受注入力で前回入力した見積情報をもとに受注の確定を行います。


・受注を確定したらその情報を元に出荷の指示をします。出荷入力です(受注入力で一緒に指示を出したりもします)。
 出荷については在庫管理の話になりますので次の機会に説明します。


・受注後実際の売上を計上するために行うのが売上入力です。受注しただけでは請求の対象とはならないのです。


・売上入力の説明の前に売上を計上する基準の話をします。これは業種によっても異なるのですが、出荷基準・納品基準・検収基準
 というように複数の基準で計上が可能になっていて、どれにするかを選択できますが一度採用した基準をそれ以降使用しなければ
 なりません。


というように様々な基準があるのですが、今回は検収基準で話を進めて行きます。これは顧客に検収をいたいだいてから売上入力で
売上を計上することです。ERPシステム(※1)であれば会計に「売掛金/売上高」という伝票が連携されます。
この売上入力によって販売管理上に「売掛金」という債権が発生します。


※1 ERPとはEnterprise Resource Planningの略です。
   統合型(業務横断型)のシステムの略称で販売管理システムで入力したデータを会計管理システムに連携して活用する効率化を
   図るためのシステムです。


以下に売上の業務の流れをまとめました。


売上関連の業務フロー


今回は、販売管理の全体像を関連図としてあらわしました。
また売上関連の業務フローの説明により見積⇒受注⇒売上計上⇒債権の発生の流れがご理解いただけたと思います。


次回は発生した債権を管理する債権管理を説明したいと思います。